素材サイト管理人のアホ日記です。映画と猫が大好きです。主に昼休みに書いてます。


by nina05

1/25 また語ってしまった日

そろそろ受験シーズンの到来ですね。
受験生の皆さん、お風邪に気を付けてラストスパート頑張って下さいね。

ここしばらくどうも風邪気味で素材描きは停滞しております
アップはしたものの何故かポツリと欠番がありすみません。

先週はジェレミー・アイアンズ氏がゴールデングローブ賞(TVドラマ部門の助演男優賞)に
輝かれましたのでぼやーと色々見ておりました。「エリザベス一世」というドラマです。
去年BSハイビジョンで放送していたのですが、見られないので諦めてました。
ところが「グローブを獲ったから見たい」と大手を振って言えるようになり(よくわからない)、
周りにあたったところ、職場の上司が再放送を録画してくれることになりました。やっほう。

そろそろ「インランド・エンパイア」も公開されるんでしょうか。
デヴィッド・リンチ監督は先日ヴェネチア芸術祭で賞を頂いたそうですね。
監督が相当力を込められた力作だそうですから楽しみです。
そういえば、F1だかカーレースだかの映画に出演されると言う記事をだいぶ前に
見た気がしますが、あれはどうなったんだろう?

先日はかなり恥ずかしい記事でしたので、すこしだけ真面目に(でも真面目じゃない)
私は全くもって情報通ではないので、かなり誤った認識かもしれませんが、
ジェレミー・アイアンズ氏はたまにニュースとかインタビューで垣間見る感じでは、
見た目と中身がちょっと違う人かなと思います。

あくまで優雅な紳士に見えて結構エキセントリックかもというのは常々思うし、
ああ、そこまで行っちゃいますか!と思うときもあるし(どこまでや)、
結構際どいジョークも言ったりするし(これは外人さんだから)、
いきなりモデルになって「ポスターがほしい…」と思わせてみるし(これは私だけかも)、
普通に渋くて素敵なオジサマだったり、やはり役者さんは色々な顔があるのかな。
率直に謎というか、どこか夢を見てるみたいな雰囲気で不思議でおもしろくて興味があります。
芸術に選ばれた人って少し、人とは違う所があるような気がします。そんな感じ。
何の役でも真摯に楽しそうに演じていらっしゃるところが好きです。
色々なところを包括して、本当にアーティスト肌な人なんだなと思います。

それに、やはり低く抑揚を抑えた声が一番素敵。声は神様からのギフトですね。
私は英語はわかりませんが、きっと洗練された発音なのだろうなと思います。
ナレーターなどをおやりなのもよくわかります。
エラゴンの冒頭の所はエンドレスで聞きたいくらい素敵。

例え自分でそういう道を選んだとしても、その中でやはり淘汰されていって、
最後に残るのはやはり才能がある人なんですよね(それに人脈とかも?)
当たり前かもしれませんが、だからこそスターの皆さんって堂々としていて輝いているのかなと観ていて思いました
更にその中で賞をもらえるって恐ろしくすごいことなんだろうな、私にはもはや想像もつきません。凡人が何たわけたこと言ってるんだって感じですね。
普段はボーと映画を見ているだけだけど、作る人のすごさとか、役者さんのすごさとか
一体にならないと映画って難しいんだろうな、とか先週は色々考えてました。

オマケ・ゴールデングローブ賞の記事=>http://www.afpbb.com/article/1245570
他にもいろいろ記事は見ましたが、いつものデカダンな雰囲気はどこにという笑顔が素敵。
お洋服が中国の人みたい?(´∇`)

関係ないですがレオ様の映画とウィル・スミスの映画もみたいな~見たいものが沢山です。
結局今日もよくわからない日記でした。あう。
[PR]
by nina05 | 2007-01-26 00:26 | 映画とか