素材サイト管理人のアホ日記です。映画と猫が大好きです。主に昼休みに書いてます。


by nina05

カテゴリ:映画とか( 37 )

そろそろ受験シーズンの到来ですね。
受験生の皆さん、お風邪に気を付けてラストスパート頑張って下さいね。

ここしばらくどうも風邪気味で素材描きは停滞しております
アップはしたものの何故かポツリと欠番がありすみません。

先週はジェレミー・アイアンズ氏がゴールデングローブ賞(TVドラマ部門の助演男優賞)に
輝かれましたのでぼやーと色々見ておりました。「エリザベス一世」というドラマです。
去年BSハイビジョンで放送していたのですが、見られないので諦めてました。
ところが「グローブを獲ったから見たい」と大手を振って言えるようになり(よくわからない)、
周りにあたったところ、職場の上司が再放送を録画してくれることになりました。やっほう。

そろそろ「インランド・エンパイア」も公開されるんでしょうか。
デヴィッド・リンチ監督は先日ヴェネチア芸術祭で賞を頂いたそうですね。
監督が相当力を込められた力作だそうですから楽しみです。
そういえば、F1だかカーレースだかの映画に出演されると言う記事をだいぶ前に
見た気がしますが、あれはどうなったんだろう?

先日はかなり恥ずかしい記事でしたので、すこしだけ真面目に(でも真面目じゃない)
私は全くもって情報通ではないので、かなり誤った認識かもしれませんが、
ジェレミー・アイアンズ氏はたまにニュースとかインタビューで垣間見る感じでは、
見た目と中身がちょっと違う人かなと思います。

あくまで優雅な紳士に見えて結構エキセントリックかもというのは常々思うし、
ああ、そこまで行っちゃいますか!と思うときもあるし(どこまでや)、
結構際どいジョークも言ったりするし(これは外人さんだから)、
いきなりモデルになって「ポスターがほしい…」と思わせてみるし(これは私だけかも)、
普通に渋くて素敵なオジサマだったり、やはり役者さんは色々な顔があるのかな。
率直に謎というか、どこか夢を見てるみたいな雰囲気で不思議でおもしろくて興味があります。
芸術に選ばれた人って少し、人とは違う所があるような気がします。そんな感じ。
何の役でも真摯に楽しそうに演じていらっしゃるところが好きです。
色々なところを包括して、本当にアーティスト肌な人なんだなと思います。

それに、やはり低く抑揚を抑えた声が一番素敵。声は神様からのギフトですね。
私は英語はわかりませんが、きっと洗練された発音なのだろうなと思います。
ナレーターなどをおやりなのもよくわかります。
エラゴンの冒頭の所はエンドレスで聞きたいくらい素敵。

例え自分でそういう道を選んだとしても、その中でやはり淘汰されていって、
最後に残るのはやはり才能がある人なんですよね(それに人脈とかも?)
当たり前かもしれませんが、だからこそスターの皆さんって堂々としていて輝いているのかなと観ていて思いました
更にその中で賞をもらえるって恐ろしくすごいことなんだろうな、私にはもはや想像もつきません。凡人が何たわけたこと言ってるんだって感じですね。
普段はボーと映画を見ているだけだけど、作る人のすごさとか、役者さんのすごさとか
一体にならないと映画って難しいんだろうな、とか先週は色々考えてました。

オマケ・ゴールデングローブ賞の記事=>http://www.afpbb.com/article/1245570
他にもいろいろ記事は見ましたが、いつものデカダンな雰囲気はどこにという笑顔が素敵。
お洋服が中国の人みたい?(´∇`)

関係ないですがレオ様の映画とウィル・スミスの映画もみたいな~見たいものが沢山です。
結局今日もよくわからない日記でした。あう。
[PR]
by nina05 | 2007-01-26 00:26 | 映画とか
映画のネタバレです。苦手な方はご覧にならないで下さいm(_ _)m

「ヘンダーソン夫人の贈り物」を見ました。
観ていて「R15指定かなぁ」と思いましたがノーマークでした。なんとw
ヘンダーソン夫人は我侭で人を振り回してばかりなのに、邪気がなくて可愛くて、憎めない人ってこういう人を言うんだなーと思います。
でも表向きは気丈なのに心の奥は寂しいんだなと思ったら切なかったです。ジュディ・デンチの実像と少し被るのかなと勝手な憶測までしてしまいました。とにかくかっこよくて、彼女のためにあるような役だと思います。ボブ・ホスキンスは少しおとなしめでしたがやはりすてき。

女性のオールヌードが満載の映画ですが、いやらしさとか生々しさを感じたシーンは全くありません。男性も含めて全員が裸になるシーンでは場内大爆笑でしたが、私は丁度くしゃみをしそうになっていたので「ブホッ!ブヒャハハ!」となってしまったwモザイクがかかると思ってたのにw

後半は戦争ものとなって少し空気がトーンダウンしますが、死と隣り合わせの兵士さん達にとってはあの舞台は最上の気晴らしだったんだろうな。何のために戦争なんてするんだろう…って切なかったです。ミュージカルシーンも盛り沢山で、舞台を見ている様に拍手しそうになりました。
個人的には死んでしまった女の子のことに触れる場面がもう少し欲しかったです(でもあれはあれでいいのかな…?うーん)
とにかくウィットに富んでいて小気味良くて相当笑わせていただきました。

予告編でジュード・ロウ、トミー・リー・ジョーンズ、ジェレミー・アイアンズという個人的に好きな俳優さんが続けて見れました。
次回上映の「華麗なる恋の舞台で」の前売り券をしっかり買いました。2004年作です。
確かあの年のアカデミーはヒラリー・スワンクが獲ったと思いますが(違ったらすみません)それでもあれだけ賞を取っていながらなかなか見られないのが残念でしたので嬉しいです。
先日同じ2004年の「ヴェニスの商人」について熱く語ってしまいましたが、そう言えばあの日は熱があったのに這いつくばって2時間待って見たので余計印象深いのかもしれません(´∇`;)
ジェレミー・アイアンズが続けて見れるなんて私は幸せ者です。
前売り特典でハガキを貰いました。でもさすがに恥ずかしいので飾ってはいません…
単館上映はやっぱり映画ツウのお客様が多いなと感じて嬉しいです。
自分はまだまだです。ついでに文章苦手なので、常に感想とかもドヘタです…

エラゴンもう一回見ちゃいました。
もう一度見たらよくわからなかった所もわかるかなと思いましたが、やはり消化不良気味です。
折角綺麗なのに、テンポが良すぎて余韻というか後を引くものが余りない所が残念です。
もう少し脇役の個性的な所を出してもいいかなと思いました。
サフィラは常に気品と思慮に溢れていて好きです。もう少し落ち着いた声だともっといいかも。
ブロムは、品格といい目の配り方といい、何気なくもやはり名優とつくづく思いました。
エラゴンにはやはり苛々させられてしまったけれど、「映画のヒーローだからこうあってほしい」という自分的な希望があるだけで、実際の若者だったらこう言う感じなのかなとも思いました。もしやもうオバチャンなのかも(とほほ)…


今日は部屋の掃除をしようと思いましたがどうあっても猫様がどいてくださいませんでした…

d0062287_010233.jpg

冬毛で1.5倍増量中です。これでも毎日ブラッシングしてます、ホントウデス。
[PR]
by nina05 | 2007-01-15 00:11 | 映画とか

1/12 地球へ…

昨日お昼休みに友達から貰ったメールに「てらへがアニメになるよ」と何気に書いてありました。
私:「てらへ」ってなんじゃ???(「へ」をはひふへほの「へ」と読んだ、何故にひらがな…;)

で、仕事帰りの電車の中で返事を打とうとしてはっと気付いた!「地球へ…」じゃん!(゜д゜)
ネットで検索したところありました、毎日新聞の記事が…
「竹宮恵子さん原作のSFマンガの名作「地球へ…」のテレビアニメ化されることがわかった」

なんとー!(゜д゜)(゜д゜)(゜д゜)
そしてそのままメールの返信するの忘れてたという…ごめん…

私のHN「にな」は竹宮先生の「私を月まで連れてって!」の主人公ニナから拝借したものですが、この「地球へ…」は同じくらい大好きです。年齢的に連載をリアルタイムで見ていたわけではないのですが、TVで放映していた映画のビデオも未だにこっそり持ってます。

私は「りぼん」世代なので(今もあるのか?な?)、初めてみた時すごい衝撃でした。素材も地球など天体ものが多いですが、この頃見たSF作品に相当影響を受けております。スター・ウォーズとかスター・トレックなどもそうです。

それがまた復活するなんて!嬉しいなぁ、今だったらどんなに綺麗な映像になるんだろう!
絶対観る!HDDに毎回録画予約する!などと久々にわくわくです。
アニメはとんと疎いので監督さんとかのお名前を見ても全然わからないのですが、すごい方なのかな?キースが素敵だといいな^^(はっ)

最近のまんがはよく知らなくて貸して貰ったら読むという感じですが
こういう古いまんがの話になると入れ食い状態に食い付きが良いです。うはは(´∇`;)
最近のマンガよりもこういう懐古的というか原点のような作品に魅力を感じるところは
同世代の男の人が未だにガンダムフリークな人が多いのと同じようなものかもですね。

そして勢いで絵まで描いてみました
d0062287_163949.jpg

でも、全然壮大じゃない~(>_<)ナンジャコリャですみません…

参考記事:http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2007/01/sf4mbstbs.html
[PR]
by nina05 | 2007-01-13 01:21 | 映画とか
「武士の一分」を見ようとしたらやってなかったので、ジェレミー・アイアンズのファンなのでつい「エラゴン」を初日に見てしまいました。なので12月の話です。
ねたばれですのでお嫌な方はご覧にならないでください。



感想としては…そのうち敵の大将のガルバナントカがエラゴンに向かって「実は私はお前の父なのだ!」とか言いそうで怖い…いやまさか…まさか…という…
つまり話はスターウォーズで、映像は指輪物語という感じでした。
16歳の男の子(現在20歳くらい?)が書いたお話だそうですので薄っすら影響されているのかな?と思いました。
指輪物語のあと、ファンタジー映画はハードルが高くなってしまいましたね。
昔だったらきっと「わぁ、すっごい!」と思って見たと思うのに…実に贅沢なお話です。
エラゴンはテンポが良く、難しすぎず重すぎず時間も短くてお子様でも見やすいかと思います。
でも私は主人公のエラゴンに感情移入できず相当辛かったです。ちょっと苛々してしまいました。急に別人のようになるし…
サフィラが女性というのはナイスだと思います。もうちょっとお顔が精悍な方が好みかも。
シエンナ・ギロリーは「バイオハザード2」以来見てなかったですが、どことなく「りょう」を思い浮かべる…綺麗!^^声がとっても可愛いんですね。
何だか文句ばかりのようですが、魔法が出てきたり、サフィラが空を飛ぶところや火を噴くところは「おお!」と言う感じで実にファンタジックで格好よかったです!お話もポンポン進むので飽きません。あとは弓が好きなので弓が出てくるだけで私は嬉しい…

ジェレミー・アイアンズは「仮面の男」の後あたりから数年くらい何だかちょっと「むむむ」と思っていた頃もありましたが、ここ数年大作などにも出演してらして嬉しいです。
映画館のポスターが素敵でブロムの所だけ頂いて帰りたかったです。マントを着せた姿の格好良さでは右に出る者はいないです(あくまで個人的な意見ですので…)。
ジョン・マルコヴィッチと並んでいたので「アラミスとアトスだ!」と思ってしまいました。うふふ。
もうじき還暦なのにも関わらず、昔より最近の方が素敵だと思います。演技は勿論折り紙付きですが、年輪や深み、重みと言ったものが更に素晴らしくなられた気がします。さすがは名優です。さすがは英国が誇るスターです。
しかし、映画の中で「ジイサン」と言われていたのに大変ショックを受けました。
まだジイサンじゃないですから!まだ50代ですから!
と思っていたら一緒に見ていた友達が「また枯れたジジイが好きなのか」と言いました…
枯れてません!ちょっと乾燥してるけど…昔から割と乾燥してたし(酷い)
所で常々思っていたのですが、この人は何故、アブノーマルな役が多いんでしょうか…別に問題ないのですが…やはり演技力のせいなのでしょうか…あ、ブロムはノーマルな人です。大層素敵でした。ちょっとドラゴンコンプレックス?(略してドラコン?)

このようにふざけてはいますが一応ジェレミーさんのファンです。
ですが、正直この映画にはどうかな…という印象があります…あっ、これはあくまで個人的な感想です…重く、深い、ジェレミー・アイアンズ…何となくいつもより軽めな演技なのかな?とは思いましたが……微妙に噛み合ってない気がする…微妙に……微妙にですが…辛…かった…そして…死…んだ………
死 ん だ ? !(゜д゜)
アラゴルンのような存在かと思っていた…ブロムが…死んだ…アラゴルンじゃなくてオビ=ワンだった…>+○
てっきり続編にもずっと出るんだと思ってました…が…お話ですから仕方ないですね。

私のお勧めは一昨年位の「ヴェニスの商人」です。
アル・パチーノとの演技合戦といいますか、掛け合いが見事でございました。
ヴェニスの風景がまた素敵で、ワンシーンワンシーンが額縁に入れて飾っておきたいような、まるで絵画のような世界でした。
アル・パチーノのシャイロックが余りに見事でしたので、それと比べてジェレミー・アイアンズは弱いんじゃ?というご意見も当時拝見しましたが、DVDが出た時に何度か見ていたら秘めた恋心(こう書くとウワーと言う感じですが)が抑えた演技から伝わってきてやはり名優だなと思いました。と言うわけでジェレミーさんは思い切りアブノーマルな役です…と私は解釈しました…。
シェイクスピア学者さんの間でもアントーニオとバッサーミオの関係は「そういう風」と捉えられていたりなようです。
しかし冒頭の説明不足といいますか、アントーニオがただの高慢ちきないけ好かない嫌な奴と思われがちなのが残念でした。それにしてもやはりアル・パチーノは素晴らしい役者さんです。
ついでですがポーシャは男装してるほうが可愛かったデス(苦笑)
シェイクスピアなのでかなり古めかしいですが、現代風な香りもして、大人のための映画と言う感じです。最近の派手な演出に少し飽き目の方にはお勧めの一本です。
「永遠のマリア・カラス」もオペラが美しく、オススメです。

エラゴンを見た後でふと見たくなって「ロリータ」を借りてきました…
が…何度見てもやはり切なく…最後まで見るとお先真っ暗な気分になってしまい…
結局その後「仮面の男」を引っ張り出してきてやっぱりこうでなくちゃ!と思ってみたり…
今月「運命の逆転」のDVDが初回限定生産で出るらしいので楽しみにしています。

所でここまでこんなに長々と大いに語って思ったこと
「ジェレミー・アイアンズって誰?って言われたら…」はうっ(゜д゜)
[PR]
by nina05 | 2007-01-06 00:40 | 映画とか

ファントムとAKURO

※ミュージカルファンの方でいらっしゃらないと「???」な日記です

ここ数ヶ月バタバタしていましたので
やっと佐野さんのファントム(佐野トム?)を観ることが出来ました
余りの感動に浮かれてしまい、
サイトのあちこちにお見苦しい点が多々ございますがお許しください。
冷静に…冷静に…

でも、佐野さんはずっとファントムが演りたいとおっしゃっておいででしたので
本当に熱が入っていらして、本当に感動しました
ラウルは何も悪いことしてないけど何というか立派すぎて私は逆に苦手なのですが、
佐野さんのラウルはとても好きです。
お髭がないからとかではないです…他の方もお髭ない方がいらしたような…
佐野さんがファントムになれて、本当に嬉しいです^^
佐野さん、素晴らしいファントムをみせてくださってありがとうございます^^

ぶっとばしの延長にサイトの「ABOUT ME」の中で
(こちらのページです)

「オペラ座の怪人について100の質問」に答えさせていただいたりしてみました

相変わらず何言ってるのかよくわからない稚拙な文章ではございますが、
佐野さんの感想も書かせていただきました
「あんたがファントムでぶっ飛ばし出したらついてこれる人はそうはいないよ」
と友達に言われていますが、私なんかまだまだまだと思います…


先日「AKURO」も観ました。
故郷を愛し、守るために命をかける男たちのお話です。
またまた男の生き様とは如何様にという感じのお話でした。
「悪路王伝承」って知らなかったです。
このような歴史に隠れたヒーローのドラマを描くのがお上手なかたですね。
というかポスターを見て、あの6人が鬼なんだと思っていました…
随分濃い…いや、その、男らしい鬼さんたちだなと…ゴホゴホ…
吉野さんが何故タテロール(?)なのかも気になりましたが…w
ふたを開けてみたら全然違いました;

最初いつきてもいすが狭いね、なんてちょっと不平を言っていたのですが
始まったらすっかり迫力に飲み込まれてしまいました!
幕間に友達と熱いね~!と、本当に気温までぐんと上がった感じでした。
舞台って役者さん達が発する気を受け取って力を貰っている感じがするのですが
すごいエネルギーを貰った気がしました、この感じ久しぶりでした。
今さんは相変わらず本当に神様みたいなお声で、腹に響くというか、心洗われるようです。

ところで近くに小学1年生くらいの男の子が座っていました。
お話がちょっと難しいのでわかるかな?と思ったのですがずっと身を乗り出して
真剣に見ていたんです。で、お母さんが最後に「どうだった?」と聞いたら
「将軍が偉そうだった!」と…あはは^^(将軍は今さんでした)

主役の坂元健児さんは、私は未だにシンバのイメージを
引きずっているような所がありますが、
何と言うかこの方の真っ直ぐで嘘のない、気持ちの綺麗な好青年役が
とてもお似合いなところは、なかなか他の方には真似出来ない
この方の持ち味というかキャラクターですね。
歌も勿論素敵ですしコミカルな演技もとても笑わせてくれるし、
締めるところはきっちり締めてくれる、好きな役者さんの1人です^^
それに坂元さんって口調がとても優しくて。台詞もじんわり染みます。

そういえば中村友利子さん退団してらしたんですね。キュートなシラバブやマコが好きで
ゆりこちゃんゆりこちゃんと勝手にお呼びしちゃってました。
光枝さんまでと驚きましたが…これからの御活躍に期待しています^^
[PR]
by nina05 | 2006-10-26 02:16 | 映画とか

1/25 博士の愛した数式

世間ではライブドア一色のここ数日ですね
株取引というのは未知の世界なので何とも言えないのですが
ホリエモンじたいは、目標にしている若い人も多かったと思います
私は嫌いでもなかったのですが、やりすぎたと言う事なのでしょうか…


先日「博士の愛した数式」の本を読みました
数字を心から愛している博士と、
博士の事が大好きな家政婦さんとその息子のルートのお話です。

私もこのかわいい博士が大好きになりました。
誰かが誰かのことを大好きになるということが嬉しいな
喜ぶ事をしてあげたいとか、一緒にいたいとか、当たり前かもしれないけど
そんな気持ちがとても嬉しいな
涙が出るシーンもあり、ほのぼの、しみじみとした心が温かくなるお話です
是非、お勧めします

何か、ひとつのことをここまで好きで好きで熱中できるというのは、すごいことです。
好きなことができないなら生きている意味がないと
いうことだったりするのだろうと思います。

私が一番好きなことは何かと聞かれたら多分絵を描くことと答えると思います。
でも、だからといって毎日朝から晩までそれだけをやっていろと言われたら、
それは正直辛いと思います。現に、気分によっては何も描きたくないときもあります。
皆さんには、ここまで好きなことがありますか?
私は、博士のことが羨ましくもなりました。

私は理系の割には数学が大の苦手で、その代わり国語が得意だったのですが
数学が好きな人の中には
「国語は解釈によって色々な答えが考えられるけど、
数学はどんな道筋を辿っても答えは一つでシンプルだからいい」
と言う人が多かったなあ、ということを思い出していました。

以前からタイトルは知っていたのですが、映画のキャスティングもピッタリだと思います。
布施明さん好きです。是非見たいですね^^

バレンタインデーが近づきましたのでハートの素材を描いてみました。
化学系らしい素材をたまには作ってみようと思ったのですが、
この本にも少しだけちなんでみました。
少しだけでも、ほんわかしていただければ嬉しいです。
[PR]
by nina05 | 2006-01-25 01:01 | 映画とか
週末に「ハリーポッターと炎のゴブレット」と「Mr&Mrsスミス」をハシゴしてきました。
ネタバレにならない程度に感想です。

ハリーポッターは毎回映画にすると大筋を追うだけでやっとで、
はしょってる所が多いのが残念です。細かいエピソードがおもしろいのに~。
ですが、今回は本を読んでいなくてもわかりやすくスマートにまとまっていて
おもしろかったです。
クィディッチのワールドカップの始まりのところなどとてもわくわくしました^^
原作がおもしろくて映像が綺麗なのでつい贅沢な期待をしてしまうのですよね(^-^;)

ダニエル君は16歳だそうですが、ちょっと14歳には見えないかもですね。
次回作のギャラが30億だとか…0がいくつなの?
貧乏人には想像もつきませんが、まさにシンデレラボーイですね。

ロンとハーマイオニーも、他の学友達もグッと大人になった感じです。
ハーマイオニーは髪を下ろしているほうが彼女らしくて好きかもです。
全部終わる頃には成人式になっているのかしらw

セドリックはりりしく爽やかな好青年。背が高いですね。ハリーが低いのかな?

フラーは女子高のレディー達と出てきたシーンにうっとり。
制服のデザインが魔女っぽくて美しかった^^
予告編ではロンが「グッとくる」と言っていた気がしますが、本編ではなかった気がします。
何故でしょう?

クラムはいかにも体育会系!と言う感じですね~感想になっていませんが…
チョウは何となくポニーテールのイメージだったのですが、
想像していたよりおとなしそうな感じの女の子でした。
ムーディ先生も原作で想像していたのとちょっと違ったかも。

私はロンのお兄さんの双子(ジョージとフレッド)が特に好きです。
いつも息がピッタリ合っていて何を考えてるのかわからない。
「当分これでからかえるな」「任せろ」と言うようなやりとりがおもしろくて。
ダンスを申し込まれたら「是非!」と言ってしまいそうです(笑)
でもどっちがどっちかわからないかも…;
あと、ダンブルドア校長と、今回は出ていませんがルーピン先生が好きです。
強くて優しくて揺ぎ無い感じ、豊かな感じです。

そういえば、前回も思いましたが最近は制服のシーンが減って
本当に普通の私服のシーンが多いのが少々残念だったりします。
えー、ファンタジーらしくないというか…
建物や背景がファンタジーチックなのに、なんだかミスマッチな気がする所かな?

原作を読んでいるときもかなり怖いシーンがありましたが、R15指定…なんですか…
あっさり友達を人質にしたりしますし、変なお菓子を食べて気絶したりゲロゲロしちゃったり、
ハリーポッターって実は結構ブラックですよね。

「不死鳥の騎士団」はジョージとフレッドが最高だったので期待しています(^_^)
原作の続きも早く日本語で出ないでしょうか。楽しみです。


そんなわけで3時間近く集中していたので結構疲れました。
でもMr&Mrsスミスも見たかったのです。
ブラッド・ピットは勿論もはや当たり前にかっこよかったですが、
アンジェリーナ・ジョリーの美しいこと、はふぅ
あの大きな目とポッテリした唇がとってもセクシーですよね!

実は私はかっこいい男優さんよりも綺麗な女優さんのほうが好きだったりします…
しかし、ヘンナシュミはアリマセン・・・・・・!!美しいものはいいのです!
もちろんブラピも美しかったです!

こんな完璧な美男美女の夫婦がいるなんてさすが映画。
と思っていたら実際にラブラブなようですね。
ものすごくかっこいいのにおもしろすぎる夫婦でしたw
ただのアクション映画でなく、コミカル。お洒落で小気味よくて笑えます。
ジェーンはものすごく気が強くて、ジョンは尻にひかれっぱなしでしたが
ジェーンのラスト近くの台詞にはじ~んときました。
敢えて難を言うならラストがちょっと物足りなかったかな?

この映画はデートに是非(^-^)
[PR]
by nina05 | 2005-12-08 01:18 | 映画とか
気が付けば季節はすっかり秋でした。
とはいえ日曜日のように真夏日になってみたりよくわからない気候ですね。
9月末はお仕事忙しかった方も多いと思います。
疲れやお天気のせいか、私の周りでももれなく風邪が大流行しています。
皆さんもお気をつけてくださいね。

最近オヤスミといえば休めるーとボケーとしてばかりなのですが、
ちょっと前になりますが「チャーリーとチョコレート工場」を見ました。
職場にジョニデファンの人が多いので薦められたのですが、
ちょっとエキセントリックで笑顔が可愛くて私もコロっと参りそうでした。

昔々本を読んだのですが、お話はすっかり忘れていて、
ウォンカさんってこういう人だっけ。など色々思い出しました。
ウンバルンパとリスが最高~^^
ミュージカルがお好きな方だと特に楽しいかもしれません^^

その帰りに寄ったお店にあったメニュー
d0062287_163569.jpg
きゅうり…サワー?(゜ロ゜)一体どんなのでしょう…
きゅうりをミキサーにかけたりするのかな。不思議です。
今度は是非これを注文せねば。
[PR]
by nina05 | 2005-10-05 01:09 | 映画とか

ライオンキング

ブログのタイトルにふさわしい三日坊主っぷりです。
ちょっと仕事がゴタゴタしていて、ぐったりぱんだで書くことが無かったのです。

先日、遠くから遊びに来たお友達と、ライオンキング(以下LK)というミュージカルを見ました。
LKは久しぶりです。
台詞が全部歌のミュージカルは初めての方には辛いと思いますが、
LKはお話もわかりやすいですし、台詞も歌の部分が比較的少ないですので
ミュージカルを見たことがない方にもおすすめです。
歌や音楽も素敵ですし、動物の動きが素晴らしいので是非見ていただきたいです。

私はお父さんライオンのムファサが大好きです。
息子を厳しく育てつつも、目の中に入れても痛くないくらい可愛がっている様子を見ていると
思わずにっこりしてしまいます^^
ムファサを見ていると、もし自分に子供がいたら、父親はこういう人だったらいいなと思います^^
この日のムファサは田村雄一さんという役者さんだったのですが、
素顔はお若そうなのに貫禄たっぷり愛情たっぷりでお声も素敵ですっかりファンになりました^^
他の役も見てみたいです^^

ナラの上田亜希子さんも素敵でした^^
ライオンってメスが狩りをするから、メスのほうが強いのかな?と思っていたけど、
オスはなにをするのかしら。家族を守るのがオスなのかな?

どんどんマニアックな話(ミュージカルファンの人には全くそうじゃないと思いますが)に
なりますが、昔下村尊則さんのスカーを見たことがありまして、
それまでスカーというと嫌~な奴としか思っていなかったのですがとてもとても感動致しました。
もう、素敵な声!とにかく素敵な声!素晴らしい歌声!
かっこよすぎて憎めないスカー!なんです。
また是非下村さんのスカーが見たいな…!と思っております。
[PR]
by nina05 | 2005-09-12 00:50 | 映画とか

8/27 戦利品

今日は室井慎次を見て、友達とフラフラしていました。
前の日に飲み過ぎてケケケケケと笑っていたようですが、
今日もケケケケケと笑っていたようです。
2杯程度でハイテンション、なんて安上がりな私。

で、フラフラついでにゲームセンターに寄りました。
友達は音楽ゲームなどが得意なのですが、
トロイ私にできるゲームと言えばクレーンゲームかタイピングかクイズくらいなものです。
この日はお菓子を掬うゲームにはまってしまっていました。
大当たりが出ると袋に入ったお菓子詰め合わせがもらえるのです。

・・・・・・が・・・・・・

友達「大当たりでNEEEEEEEE(゜ロ゜;;)」
         ↑
大当たりが出ない、と言っているようです(笑)

むきになる友達(私は見てるだけ・笑)。
500円玉を湯水のように使用する友達(私は見てるだ(略))。
大当たりを落とすためのアメ玉が切れて補充して貰う友達(私は見て(略))。

そうこうしている内に苦節2時間、ようやく大当たりがキマシタ!

<今日の戦利品>
d0062287_18152076.jpg
・・・・この他に、コンビニ袋に@3袋アメ玉があります。

私「このお菓子の山どうするの?^^」
友「あげる^^^^^^^^^^^^」

ちりも積もればヤマトナル、アメも増えれば5kgになる
というわけで私はえっちらおっちらお菓子の山を背負って帰ったのでしたorz

全部食べたら、間違いなく5kgくらい体重が増えそうですね^^^^^^^^^^

しかし、熱くなってるときって本当に見境なくなってしまうけど、
後で冷静~になって考えると
本当にアホ^^
ですよね。

ゲームに5000円以上使うなら買った方が安いということに気づこうよw
まあ、割と元は取れていると思うので良しとしましょう!?

-----------------------------------------------------------------------------

最近見た映画の話(ネタばれ注意)

①容疑者・室井慎次

たまたま「容疑者・室井慎次」の公開日だったので見てきました。
私は特別踊るのファンなわけではないのですが友達が好きなのです。
私は織田祐二が好きなのですが、これには出てきませんのでちょっと残念('3')

お話は…何だか消化不良になりそうでした
いつもの踊る大捜査線みたいに軽快で爽快になのを期待していたらダメかも。
主役が室井さんですから、それらしい内容かなという感じです。
室井さんが喫茶店で淡々と話すシーンで泣けちゃいました。
田中麗奈ちゃんと室井さんとのロマンスをちょっと期待してしまったのですが…

まあ、正直に、一番言いたいのは、
ハイジマ法律事務所の弁護士達がきもち悪かった^^;(苦笑)

アンド

真矢みきさんがやはりかっこいい~~~~!!!
落ち着いた声がとても素敵ですよね。憧れますね。
と言う感じです(ちょっとずれてるけど)


②アイランド

これは…書き忘れですがとても好みでよかったです
音楽もよかったし、冒頭のシーンは何故かとても懐かしい感じがして引き込まれました

ユアン・マクレガーが大好きなのですが、主役としてはちょっと弱い…気もします…
雰囲気が落ち着きすぎているのでしょうか。
オビ=ワンのようなNO.2の役の方が合っている気がします。
私生活ではとても良い夫・パパなのだそうでそう言うのを読むと嬉しくなりますね^^

スカーレット・ヨハンソンはまさしく完璧な美人ですね。
スタイル抜群で綺麗な金髪でポッテリした唇がセクシ~^^v
こんな素敵な人を見るたびに「はあ、金髪に産まれたかったわ」なんて思ってしまいます。
唇ポッテリと言えばアンジェリーナ・ジョリーも同じくらいセクシー^w^


③オペラ座の怪人

これは8/26に発売になったDVDの話です。

普段映画は良く見ますが、映画は映画館でという主義なので
DVDまで買うというのは本当に好きな映画だけにしています。
私は元々ロイド・ウェーバーのオペラ座の怪人の大ファンですので、これは勿論買いました。
母の職場のとなりのCDショップのひとに予約すれば割引してくれるというのでお願いしたら、
販促用のポスターやステッカーもくれました(^v^)

でも、「普通のでいいよ」と言っておいたのに
「あんた好きでしょ!」と母はしっかりコレクターズ・エディションを予約していたようです。

コレクターズエディションっておまけ映像とかついてるのですよね。
映画って一種の魔法じゃないですか。
舞台裏とかまで見ると魔法が消えてしまいそうなので、私はおまけ映像って見ないんです。
でも、コレクターズのほうは箱に入っていたりして立派で満足^^

この映画は映画館で見たときは正直、アップが多くて酔いそうになりました。
折角セットや背景があれだけ綺麗なのだからアップばかりでなくても…
切り替えがなんというかせわしない感じ?ゆったりして欲しいなと思った
何だか勿体ないな、と思ってしまったりしました

エミー・ロッサムは理想通りのクリスティーヌでとても可憐でかわいらしい…!
幼さと大人との間を行き来しているはかなげな感じ。
クリスティーヌって幼い故に残酷なところもありますが、そんなところもまるまる含めて
彼女はまさに天使でした^^クリス大満足^^
ラウルは…文句なしにラウルでした…(何でしょうか…)ラウルも満足^^

ファントムですが、バトラーさんのファンの方には申し訳ないのですが、私はファントムはやはりプロのかたに演じて貰いたかったと思います。
バトラーさんが上手とか下手とかいうことではなく、ファントムの一番の魅力は歌声で、私はファントムのファンなので、歌はやはりプロの方にお願いしたかったということなのです。
バトラーさんはファントムにはかっこよすぎですよ~(>o<)ビックリしました!

ここ数年高井さんに慣れすぎていたので、声が高く聞こえました。
そういえば、高井さんが初めて舞台に立たれた仙台は都合で逃してしまったので、
どうしても聴きたくて仕方なくて広島まで日帰りで一人旅をしたことがあります。
あのときは感動して雷に打たれました^v^懐かしいです

というわけでDVDの方はまだ見ていないのですが、
時間のあるときにゆっくり見たいです。
何しろDVDの機械(プレステ2ですが)は妹の部屋に置いてありまして、
飼い犬の縄張りになっているので、見ようとすると犬に噛まれるのです…T_T
よ~~~く考えるとプレステ2は私がDVDを見るために購入したはずなのに…(苦笑)
[PR]
by nina05 | 2005-08-30 18:26 | 映画とか